FC2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

「感じる」をしてみる。 

合同展のたびに、こう思うんです。
「ああ、この部屋で眠ってみたい」

宙からまっすぐに降りてくる
「そらかな曼荼羅」は

正面に立っているだけで
本当にきれいな波動を放ってくれるのですが

それが四方にあると、、、

うわんうわんと
渦状に波動が広がり

波動のお風呂状態✨

第3の目のあたりから
耳の後ろから
てっぺんチャクラにむかって
うずきだします。

つまり、ものすごく気持ちがいい。

暑い日でしたが、
思い立って

空いている部屋を
片付け、

すべての曼荼羅と
草場先生の龍を
運び込みました。

ぐるっと見渡して「!!」
すべての曼荼羅のアクリルを外しました


DSC04453 (2)

DSC04452 (2)

DSC04450 (2)

明るい午前中だと
部屋中に虹がちりばめられます。


そこに座り
さて、と考えました。

この部屋には
スマフォも似合いませんし
こまかな曼荼羅道具も
運び込むには似合いません
セブンメタルティンシャがあれば
音楽も要らないようです。

ふとやってきたのは

「感じる」というセンテンスでした。

静かに座って、
ただただ自分や
聞こえてくる音や
肌の感覚を感じてみました。

肌はピリピリと波動に反応し
それが波のように移動していきます。

直感のままに動くと
次から次へと
本当に目まぐるしいのですが

だから今
ただただ「感じる」という時間も必要

そう直感したのだと思います。

毎日ここに入って
「感じる時間」を過ごすことが
大切な時間となりました。

実は昼寝もしてみました。
とても楽しい事がおきました。
その様子はまたの機会に✨



~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ご案内です。
珍しく作品を販売します。

68989557_786889425063385_7301088745548152832_o.jpg DSC04373.jpg

どちらの写真にもオーブが映っているのが見えますか^^?

この作品の詳細についてはこちらをご覧ください
https://www.facebook.com/ryuunoza/posts/786889728396688


Comment

Add your comment