FC2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

2016/10 /9配信  「興味のままに進むこと」&横浜講座のお知らせ 

madatotyuu.jpg

10cm角 まだ途中です^^
みなさんこんばんは、連休中日の今日、
札幌はきれいな秋空が広がっていましたが、
皆さんのお住まいの場所はいかがでしたか^^。

先日、ノーベル賞の医学・生理学賞で
日本人として4人目となる受賞をされた
東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが、
こんな事をお話しされていて、心にとまりました。

大隅さんは、

今の日本は「何かに役立つ」とか
「目に見える成果」ばかり求める傾向が強く、

若い人たちが自分の興味のままに道を進むことが
できなくなっているのではないか?
と危惧されていました。

そして、若い人や子供たちに大切なのは、
「これはどうなっているんだろう」
「これをしたらどうなるんだろう」という純粋で素直な興味です。
そこに10年後の社会を支える発見があるのではないか、
とおっしゃっていたのです。

大隅さん自身、
ただのゴミしか入っていないといわれていた
細胞の液胞の中から
小さな発見を面白がって続けている最中に、
細胞内で何かがぶつかり合っているのを
たまたま見つけ、
それが今回のノーベル賞につながっていったそうです。

役に立ちそうなことだけを追いかけていては
得られなかった発見だったのですね。

私がこのことが特に心に留まったのは
それが「宙奏曼荼羅」の描き方と同じだなぁ、
と思ったからです。

宙奏はこんな風なものを、
あんな色のものをと考えては描きません。
目に留まったものを追いかけていくことで、
書き手の想像を超えたものがそこに生まれます。

純粋で素直な興味を生き生きと追いかける、
それが宙奏曼荼羅の醍醐味。
きっと皆さんもそう思われていることでしょう。

まだそこまでいかないかも。
そう思われる始めたばかりの皆さんは、
しっかりとテキスト読んでみて下さいね^^。
意外なヒントが隠れていると思います。

さて、11月はお休みしようかな、
と思っていたのですが、
急遽、横浜でのプラクティショナー講座を
立てさせていただきました。

11月19日(土)10:00~17:00
横浜市中区「関内」駅すぐの会場です。
第26回プラクティショナー認定講座詳細→ http://bit.ly/2d2TB4Y

エントリーはもう始まっていますので、
ご希望の方はエントリーをお願いいたします。

札幌はもうストーブが登場する気温です。
各地の皆様もご自愛されてくださいね^^

まよ


こちらのメールマガジンンはリアルタイムではありません。
メールマガジンの登録はこちらにからメールを送ってください。

mandalauniverse@star7.jp

Comment

Add your comment