fc2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

潜在意識は私が忘れていても覚えている~フランス出張 

ArtshoppingParis 2023に
プラクティショナー(講師)のみなさんと出展を決めたのは
2022年(昨年)5月のことでした。

作品を出す締め切りは次年の
2023年6月なので、
その時点で13か月先でした。
展示はさらに17か月先。
だから
ず~っと「まだまだ先」な感じがしていました。

しかし、それももう来週。
(2023年10月20~22日)
とうとう1週間を切りました。

~*~*~*~*~

私には若いころ
フランスへ出張するという友人を
とてもうらやましいと思っていた経験があります。

いつか私も出張のある仕事がしたい。
学歴も職歴もろくになく
デパートの食料品売り場に
派遣で働いている私にとっては
もうほぼ、妄想というくらいに高い憧れでしたが

潜在意識というのはすごくて
その3年後に40歳の私を社会人学生として大学に送り込み
大学を卒業する年には
出張のある仕事(自営業)にまんまと放り込んでくれました。

そうこうしているうちに
宙奏曼荼羅を描き始め
元々の仕事+宙奏講座となって
出張は頻度を増しました💦

そんな生活が5年も続き
もう出張は疲れた。
行きたくない。
と考えはじめたら

世界中を感染症が襲い
出張できなくなりました。

その時はほとんどオンラインで解決できる流れを
社団は持っていましたので
切り替えることは容易でした。

世界がそんな風に変化していって
それまでオンラインで講座なんて無理、
と考えていた人たちにとっても
ハードルはすごく下がりました。

潜在意識がすることはいつも用意周到で、
これのためにあれがあったのか、、、と思わせられます。
私が忘れていても潜在意識は、忘れていません。
*だからこそ気を付けていることもたくさんあるし
使い方を失敗することもあります。


これまでにもいろんな出展伺いが来ていましたが
あまり興味がわきませんでした。

今回その出展をしてみたいと思ったのは
世界中からバイヤーが来て前夜のレセプションがあり
作品閲覧には入場料が必要なイベントだということを聞いたからです。
しかも場所はパリコレも行われるカルーゼルドゥルーブル
ルーブル美術館地下の商業施設です。

色々調べてみて
このイベント自体に歴史があり、厚みがあると感じました。
もちろん出展料は目玉が出ましたが、
私たちはそれを6人で越えることができました。


最初は展示には作品だけを出せばいいと考えていた私ですが

この夏
せっかく世界中の人に見てもらえる機会なのだから
ちゃんと出向いて、
これはどういう作品なのかを話したほうがいい
その通訳の人は宙奏曼荼羅を知らないよ?
その人に任せられるの?
と背中を押してくれた方がいて。

初めて
「行かねば!」という気持ちを持ちました。

安い円を恨んでいても仕方ないですから
安いチケットに、airbnbという選択
しかも3泊だけ
4日目の朝早くパリを発つという
なにも観光がないひとり旅

こりゃホントに出張だわ。
と思って思い出したのが

冒頭の
「フランスに出張なんて羨ましい」
「私もそれを言ってみたい」
でした。

ひ~~~💦
恐ろしや潜在意識

問題の膝十字靱帯も
あんなにしつこかったのに
(2か月たってもよくならない)

魔法のアイテムで
呆れるほどのスピードで良くなってきました。


愉しんできますね💛

サロンアートショッピングパリス公式HP
https://www.artshopping-expo.com//
*ブラウザで翻訳してご覧下さい

Instagram用素材_Art Shopping Paris 2023

Comment

Add your comment