FC2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

ホモサピエンスの力 

長く生きているといろんなことがあるなぁ~。
これはさすがに想定外だったなぁ~。

そんな風に思いながら毎日過ごしています。

皆さんもいろいろと調べて
ご自身なりに受け止められているのでしょうね^^

早くいい治療薬が見つかるといいですよね。


そんななか、
免疫や防疫に良い、と
蜂蜜が通目を集めているときき

自分のブログの中で
蜂蜜の記事を検索していて
2013年6月の記事に目が留まりました。

この曼荼羅のブログではなく
個人的に10年以上書いているブログがあってそちらのお話です。

「ゾウは触る」という記事。

書き抜いてみました。


********

昨日NHKのワイルドライフを見ていて
やっぱりゾウはすごい!と思ったのです。

群れからはなれてしまった子ゾウを
探し回っていた母ゾウが見つけた時、
すでにハイエナがその子ゾウを狙っていました。

ようやく出会えた母ゾウと歩く後ろをハイエナはずっとついていきます。

子ゾウの様子も少し変で、良く見ると
そのハイエナに、しっぽをかみちぎられた後だったのです。

だからハイエナは弱るのを待つため
その母子から離れないのでした。

母子は群れに戻り、
大人ゾウたちは一斉にその子ゾウを取り囲みます。
ハイエナに隙が無い事見せるために、そして守るために。

ようやくハイエナは諦めてそこを去るのですが、

しっぽを噛み千切られてしまった子ゾウは
どうなるのだろうか?
弱っている様子で、心配でした。

すると、大人ゾウも子どもゾウも
一斉に長い自由な鼻で、
ペタペタペタペタと子ゾウを触りまくるのです。

良く見なければ、しっぽが無いことに気が付かないと思うのですが
彼らは言葉が無くてもその子ゾウが弱っていることを
ちゃんと伝達し、ちゃんと受信するのです。

だから離れていても鼻が届く限り伸ばして、
よしよしと軽くたたくように、小ゾウを触ります。
とにかく触りまくるのです。

それは、どう見ても

大丈夫だよ
見てるよ
知っているよ
安心しなさい
わかっているよ

と言う沢山の意味に見えます。

小ゾウはそれを受けながら
「大丈夫なんだ」と思えるようになったのだと思います。

そう、「大丈夫なんだ」と思えたら、「大丈夫」なものなんです。

ゾウはやっぱりすごいと思いながら

元々人間もこの力を持っていることを
忘れないでほしいと思っていますし、
自分でも忘れないようにしよう。
そう思ったのでした。

********

これをFacebookでシェアしたところお一人のプラクティショナーから

「手当て」ならぬ「鼻当て」ですね。
と、コメントをいただきました。

ほんとだ~!
と思うと同時に

そうだよね。
ゾウにできることは
きっと人間にもできる

触ることも、そう。
声を掛けることも、そう。
まなざしを向けることも、そう。
心を傾けることも。そう。

ホモサピエンスの力!今こそ!

ですね^^。

Comment

Add your comment