FC2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

パウロ2世のカード 

マンダラ・ユニヴァース通信
宙を奏でる点描曼荼羅画



みなさんこんにちは。

1日早いですがメリークリスマス!

今年も1年ありがとうございました。

こうもまばらな、そしてなかなか発行されないメルマガにお付き合いをさせてしまい申し訳ないです。

心を改めますので、これに懲りずお付き合いいただけたら幸せです。

では先にご案内をすこし。

☆第49回 プラクティショナー認定講座 東京について
詳しくはこちらから

東京講座のエントリーはこちらのエントリーフォームよりお願いします。
エントリーフォーム
*すでにエントリーは開始されておりますお早めにどうぞ^^

☆新しいワークショップのお知らせや体験会、講座のご案内もこちらに満載になって行きますのでチェックをよろしくお願いいたしますね✨
https://www.facebook.com/jmuca.mandala/

近隣の講座や講師が知りたい!などお問い合わせは気軽にこちらからおたずねください。

お問い合わせフォーム(事務局)
https://pro.form-mailer.jp/fms/ed9ee3bd133205

**************

タイトルのお話です。
今生では浄土真宗の家に生まれ禅宗の家へ嫁ぎましたが
私の魂にはそういうことがあったのだろうなぁって思ったのでした。

!cid_1@191224.jpg

写真は「東方からの3賢者」がキリストの誕生を祝福しに来られた、クリスマスカードとしては定番のシーンです。

聖人となられたヨハネパウロ2世の直筆のカードです。
中にはラテン語でしょうか?読めない文字が書いてありまして1987年とサインがしてあります。

これを私にくださった方が、昨年亡くなられていたことを数日前に知って、そういえばと大切にしまっておいた場所からこれを出してきました。

そしてその方が書いていてくださったアッシジの聖フランシスコの話に記憶がさかのぼっていきました。

そこで、
前回のブログ(支倉常長の話)を読んでいただいた方には続きのような話になるのですが

こうして立て続けに、キリスト教について
チルチルミチルが落としていったパンくずを拾うかのような作業が続くと、

私の魂にとってやはり、キリスト教とのかかわりもとても大切なことなのだろうなと思わせられています。

何がどうしてどうであったとかいうストーリー自体はあまり知りたいと思わないのですが、

こうしてかけらを拾い集めることだけで
私の魂が深く安らいで、幸せであることが伝わってきて

そのことで私自体もなんだか安心していきます。

静かにそうした時間を過ごし、わからなくてもいいことを味わっています。

それも「悦」なんだなぁ✨

ブログをアップしました
タイトルは「悦」
https://sorakana369.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

お時間がありましたらどうぞお付き合いください。

それではみなさん楽しいクリスマスとお正月をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

マンダラユニヴァースは
12月29日(日)~1月3日(金)までを(一応)休日とさせていただきます。
*しかしながら大体はお返事をさせていただける状況です。ご安心ください。


ではでは
まよ(^ー^* )

公式HPはこちら
http://www.mandala-uni.com/

Comment

Add your comment