fc2ブログ

マンダラ・ユニヴァースCA

宙奏ブログ&メールマガジン・アーカイブ

宝珠を販売します 

すみません販売終了となりました。私がハンサムと呼んでいる如意輪観音の宝珠手前味噌であれですが胸が高鳴る美しさです~✨ 宝珠とは、災難を除き、濁水を清くするといわれ、願いが思い通りになる珠のことです。宝珠を得るとどんな願いもかない、欲しいと思っている宝物を作り出すといわれています。宝珠を入手すれば、多くの財宝を得ることができるようになり、毒におかされず、火にも焼かれないといわれています。仏教において...
Read More

青い池を見る人の考察 

北海道では雪が溶けてから桜が咲くまではすすけた山々しか見られず。全くのシーズンオフとなります。そんな中、友人たちと美瑛へ遊びに行ってきました。「青い池」というのを一度見てみたいと皆の意見が一致したからです。行ってみてわかりましたが、青く見える理由があるんですね(あたりまえですが💦)日中は、晴天だともっと青くてきれいです。ライトアップでは青い光を当てているから青く見える。などとホテルから出ている夜の青...
Read More

ヒントとアンテナ 

宙奏はデザインしないので描いていてここには何が入るのかな?って思っているときはアンテナを建てています。宙奏だけに限らず大抵はいくつも並行して事柄の数だけいくつもなんとなくアンテナを立てているというのが本当のところです。なんとなく。というのは目を皿にして必死になって追及すると間違えがちになるからです。道を歩いていて目に入るもの。開いた新聞の真正面スーパーのエスカレーターのポスター。横の人の会話親が子...
Read More

2022022223 あれ? 

相変わらず、時間の不確定で不可思議なこと。すごく寝坊したと思ったのに目覚ましを停めてから3分も経っていないとか一瞬だと思ったのにすでに30分近く経っているとかこのあたりが幼い時からの謎でだからバシャールにハマったというのが精神世界を旅するきっかけになりました。そんなわけで、1分を見逃し、一大イベントを見失った私💦スマフォはどう見ても、もう22:23。えっと~?どこへ行ったかな?私の1分なんでだろうなぁ...
Read More

叶い方 

2021年もたくさんお世話になり感謝します。ありがとうございました。宙奏曼荼羅は2009年12月に初めてのワークショップを行いました。なのでそれから満12年干支でいうと一回りです。当たり前だと思いますがこれまでいろいろな変化がありました。基本的に「起きることは全て私が潜在意識で望んだこと」ですから自分に訪れる変化によって自分が何をどう考えているのか?ってことがうすうすわかるわけです。私一人で行っていた通信...
Read More

魂の幅を出す 

。。。なんて言うんだっけ?「これ」のこと、、、そう!「キャプションボード」私たちもそこから始まりました。だって誰も人生の中でこれを作る日が来るなんて考えたこともなかったから。私の作品のここにあるキャプションボードも合同展の仲間が作ってくれました。大学生の時、キャプションボードの作り方を学芸員の実習で学んだけど作成自体は若いもんに任せて私は他の作業をしていました。何を学んだかというとフォントや文字サ...
Read More

皿を洗うという瞑想 

世界富豪ランキングでトップの2人は眠る前のルーティンに皿洗いを挙げているとの話をTM瞑想の先生に聞きました。べそすとかげいつとかいうひとたちです(^O^)皿洗いのように単純で無心になれる作業つまり何も考えないでできる作業はすでに瞑想の状態だそうで、そういうリラックスした中でひらめきはやってくる。なので富豪たちはそれ自体を大切にしているという事なのだそうです。集中して何かを考えているなどという作業は心を使う...
Read More

泣く子をあやす。 

気候、気象の変化で、世界各地で猛暑、森林火災が続いていますね。そんな画像に接すると地球がぐずり続けているように思えます。いつも思うのですが、気候も気象も結局はこの地球の「おもうまま」なわけです。全てにリズムがあって、そのリズム自体が創造主との約束のようなもの大昔、どなたかはわからないのですがこの宇宙全体を例えるなら「赤ん坊」すべてを泣くことで結局は自在に操ると言ってくれたかたがいてそれをすごく印象...
Read More

天赦日 

コロナなど吹っ飛ぶくらい醜いことが世界中で起きているようです。私はどんな風にこれらを捉えたらいいのかなぜこの世界に来てしまったのかこれまでに私のもとにやってきたいろいろなものをあてがって答えを出しています。《精神世界の鉄人 トーマさん》人類は何度もすでに滅亡しているそのたびにみんなで一斉にシフトを変えている《エイブラハムの教え》望まないことに出会ったときにはその望まないことに注意を向けずその反対の...
Read More

青の果て 

先日届いた雑誌で日本の青を特集していました。古に訪れた外国人の多くが日本の印象として「青」を挙げました。*衣類やのれんに「藍」を使っていたから青の語源は青い(あおい)=淡い(あわい)なのだそうです。淡い(あわい)というのがなんとなく日本人の性質にも似ているように思えます。私は青が好きで何かといえば青系を選ぶ癖があります。写真は目の前に広がったものを形にした「そらかな」3年ほど前に書きましたのでここで...
Read More